Cisco 2 授業内容/基礎/Ciscoルータの基礎

Cisco IOS

IOSとはInternetworking Operating Systemの略でCiscoルータを動作させるためのOS
同社製のスイッチであるCatalystにも搭載されている

ルータの持つインターフェイス

  • LAN用
    • Ethernet, FastEthernet, TokenRing, AUI
  • WAN用
    • Serial, ISDN BRI(RRI)
  • 管理用
    • コンソール, AUX(モデムを利用した遠隔操作)

IOSの名称と意味

IOSのファイル名は3つの意味を持つ

  • Platform(ルータの機種)
  • 機能(オプション)
  • フォーマット(動作場所と圧縮形式)

例:c1600-y-l.112-19.P1.bin

  • c1600はCisco 1600ルータを表す
  • yはオプションを表す
  • lはフォーマット
  • 112-19はバージョンとリビジョンを表す

コマンドプロンプト

  • ユーザモード
>
  • 特権モード
#
  • グローバルコンフィグレーションモード
(config)#
  • インターフェイスコンフィグレーションモード
(config-if)#
> enable
# configure terminal
(config)# interface ethernet 0
(config-if)#

インターフェイス

  • 管理ダウン
    (config-if)#no ip address
    (config-if)#shutdown
  • 状態
    #show interface s0
     Serial 0 is administrativy down, line is down
                   物理層             データリンク層

ルータのブート

boot-seq.png

  • 正常時のブート
    • ROM → Flash → NVRAM

記憶域

  • IOS用
    • Flash
  • Config用
    • NVRAM
  • 動作用
    • RAM

NVRAMには startup-config が保存されている。
RAMには ARPテーブル や ルーティングテーブル が保存されている

設定の保存

# copy running-config startup-config

show コマンド

詳細は ../../コマンド/show を参照

  • IOSのバージョンなど
    # show version
  • Flashメモリの中身
    # show flash
  • 現在動作中の設定
    # show running-config
  • NVRAM上に保存されている設定
    # show startup-config

電源投入時の設定に戻す

# reload

または

# copy startup-config running-config

TFTPサーバへ設定をバックアップ

#copy running-config tftp
Remote host []? 192.168.250.54
Name of configuration file to write [lab-gw-confg]?
Write file lab-gw-confg on host 192.168.250.54? [confirm]
Building configuration...

Writing lab-gw-confg !! [OK]

コンフィグレーションを消す

  • スタートアップコンフィグ
# erase startup-config